自分でクラブ調整

アイアンのリシャフトを自分でやってみたら意外に簡単でした(シャフト抜き機不要)

2020/07/30

アイアンのシャフト変えたいけど

お店に頼んだら大きな出費ですよね。

 

もっと気軽にリシャフトしたい。。

 

ん~

 

自分でやるしかない!

 

というわけで

 

ネットでリシャフトの方法をとことん調べ、

工房で見学し

ついに自分でやってみることにしました!

 

もし真似をされる方は

自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

 

アイアンのリシャフトに必要な物

リシャフトしたのは、タイトリストMB712で、

5I~PWまでの6本です。

 

準備したのは以下の物です。

  • ソケット(外径13.5mm、内径9.3mm、長さ25mm)×6個
  • シャフト(Modus120S)×6本
  • グリップ(GolfPride360、60R)×6本
  • ヒートガン(1800W、600度)
  • アクリル系接着剤(セメダイン製)
  • 紙やすり(80番)
  • マスキングテープ
  • 除光液(マニキュア落とし)

 

これらを自分が購入したお店をご紹介しておきます。

 

【ソケット】

ソケットはヘッドとシャフトの組み合わせによりますが、

今回のMB712+Modus3 120のパターンでは

外径13.5mm、内径9.3mmになるので、

「OI-10」というタイプを選んで下さい。


他の組み合わせの時は、

ヘッドのネックの外径、シャフトの外径、ソケットの長さ

から選んでください。

ソケットの高さ(長さ)は好みで結構です。

ノギスで0.1mm単位を正確に測りましょう。

 

【シャフト】

 

【グリップ】

 

【ヒートガン】

 

【アクリル系接着剤】

 

紙ヤスリ、マスキングテープ、除光液は

ホームセンターで購入しました。

 

ではいよいよリシャフト開始です!

 

リシャフトのやり方(シャフト抜き機がなくても出来ます)

まずヒートガンでアイアンのヘッドを熱します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ヘッドのネック部分を30秒~1分程度あぶります。

 

ソケットはうまくやれば溶かさずに再利用できるようですが、

無理でした ーー;

 

付いていたシャフトを再利用したり売りたいなら

ソケットをカッターで剥がし、

取り除いて綺麗にしておきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ヘッドのホーゼルを掃除します。

紙やすりを丸めて突っ込んでホジホジたり、

電動ドライバーをお持ちの方は、

ワイヤーホーゼルクリーニングを使用すると簡単に綺麗になります。

 

電動ドライバーをお持ちでない方は、こちらも便利です。 紙やすりより早くて綺麗になります。

 

最後に除光液を塗ったティッシュでふき取り、仕上げます。

 

綺麗になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今度はシャフトのチップ部分をやすりがけします。

接着剤の付きをよくする大事な作業です。

 

右がもともと付いていたシャフトで、左が新しいシャフトです。

付いていたシャフトはしっかりやすられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

80番の紙やすりでしっかり10分くらいかけてやすりました。

万力を使ってしっかり固定すれば、楽に作業ができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

言い忘れていましたがこの赤いマスキングテープは

ソケットの端を示す印です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この位置までソケットを打ち込みます。

 

私はゴムハンマーを使いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ヘッドが行くところまでしかいかないのですが、

結構硬かったので、

最後まで行ったから進まないのか

硬いから進まないのか

分からないので、マスキングテープでの目印は重要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アクリル系2液混合接着剤(セメダイン メタルロック)を

しっかり混ぜて、

チップ側、ホーゼル側の両方に塗り、

シャフトとヘッドを接着します。

 

 

完成です!

ソケットとヘッドに段差がある場合は、

紙やすりで削って除光液でさっとふき取ると綺麗に仕上がります。

 

写真のように今回はほぼぴったりで気にならなかったので、

そのままにしました。

 

5番からPWまで全てリシャフトしました。

 

<2020.7.21追記>

シャフト抜き器を使ってリシャフトする方法はこちら↓↓

ドライバーを自分でリシャフト|シャフト抜き器でゴルフクラブをDIY

これならカーボンシャフトも可能です☆

 

さて仕上がりは・・

次の日、自宅の庭で試打しました、

全番手、まったく問題なしです。

しっかり付いています。

 

↓↓詳しいリシャフトの結果についてはこちらにご紹介しています。

自分でリシャフトした結果とDGS200とModus120Sの違い

 

↓↓スリーブの取り付けもやってみているので、こちらも見てみて下さい。

自分でスリーブの取り付けに挑戦

 

楽天GORA

★★★★★★★★★★★★★★★★
よしっ!あいつと勝負しよう!
ゴルフ場予約サイト:楽天GORA
★★★★★★★★★★★★★★★★


-自分でクラブ調整