サイトリニューアルしました!今後とも宜しくお願いします★

PINGG400フェアウェイウッドを自分でリシャフト|カチャカチャスリーブの取り付け

今回はPING G400 フェアウェイウッドの5番をリシャフトします。

 

今回も依頼案件なのですが、先日ご紹介したユーティリティのリシャフトの依頼者と同じ方からです。リシャフトの理由はユーティリティと同じで、軽く柔らかすぎるので、しっかりしたシャフトに交換したいとのことでした。

 

PING G400フェアウェイウッドはカチャカチャタイプなので、スリーブとシャフトを準備して製作します。

 

スポンサーリンク

ALTA JCB S シャフトからツアーAD  BB8Sへリシャフト

依頼者はドライバーヘッドスピードが47m/sあり、ALTA JCBだと軽すぎて柔らかすぎてスライスしてしまうということでした。

 

この方は元調子が合う方なので、私のお気に入りでもあるツアーADのBBへリシャフトさせてもらいました。

 

他のクラブとの重量フローバランスをみて、8Sを選択しました。

 

スポンサーリンク

カチャカチャスリーブの準備

スリーブは以前抜いたものがあったので、こちらを利用します。ソケットはシャフトから抜くときに切るので、ソケットだけ購入しました。

 

こちらが購入したソケットです。

 

スリーブにつけるとこんな感じです。

 

パーツを仮組みして仕上りスペックを計測

パーツを仮組みして、仕上りのスペックがどのくらいにあるか計測してみます。

 

シャフトにグリップはついていたので、スリーブをシャフトにそのまま挿して計測します。

 

まず、バランスです。

 

バランスはC8でした。ヘッドスピード47m/sの方には軽すぎます。

 

他のクラブがD1~3くらいなので、それに合わせたいです。

シャフトの先端に鉛を入れるので、鉛が入るであろう箇所にフィルム型の鉛を乗せて仮計測します。

 

鉛を6g追加するとD1になりました。

 

理論上、鉛をヘッドに2g貼るとバランスが1ポイント増えるので、6gでC8→D1へバランスが3ポイント増えたのは理論値と同じですね。

 

これ以上鉛を増やすのは、何となくですがシャフトの特性が大きく変わりそうな気がします。目標のD1~D3はクリアしたのでここまでにしておきます。

 

クラブ総重量は長さ42.5インチで342gになります。

この方のドライバーが45インチで318gなので、重量フローから考えるとこのくらいでいいと思います。

 

いい仕上がりスペックになりそうなので、これで本組み立てに移ります!

 

本組み立て|スリーブの取り付け

こちらがシャフトの先端に付ける鉛です。

 

数字が書いてあるのが重さです。一番下の釘の頭のような箇所は1gに相当します。例えば2と3の数字の間の線でカットすると、2gの鉛になります。今回は6g使うので、こちらの鉛をカットせずそのまま使用します。

 

接着剤をつけて鉛を差し込みます。またリシャフトすることがあっても取れるように、先端だけにつけて差し込みます。この状態で半日ほど乾かしましょう。

接着剤はこちらを使用しています。

 

半日ほど置いたら、接着剤をシャフト全体につけて・・

 

スリーブの内側にもゴルフのティーなどを使って接着剤をつけて・・

 

取り付けます。スリーブからはみ出した余分な接着剤は綺麗に拭き取ります。

 

また半日ほど乾かしたら、ヘッドを装着して完成です。

 

バランス、総重量も仮組み通りとなりました。

 

まとめ

ツアーBBはフェアウェイウッドに最適と評価の高いシャフトで、私もフェアウェイウッド全てに採用しています。

 

フェードヒッターに合うシャフトですが、今回のご依頼主もフェードヒッターです。今回出来上がったG400フェアウェイウッドを練習場で見させてもらいましたが、ALTAJCBの時とは大違いのミート率の高いナイスショットで、綺麗なフェードが打てて、ご本人も大喜びでした。

 

自分でリシャフトできると、ゴルフの幅が大きく広がりますよ^^/