サイトリニューアルしました!今後とも宜しくお願いします★

PING G400ユーティリティをカーボンからスチールへ自分でリシャフト(第3回/全3回)

前回のリシャフトの続きです。

では早速作業の続きをしましょう!

 

スポンサーリンク

バランス、総重量を調整する

仕上りのバランスと総重量を調整します。

 

私が使用しているバランス計はこちらです。

 

では、計測していきます。

 

以前グリップ交換で切り裂いて抜いたグリップを、スチールシャフトに被せて仮りグリップとして装着して、ヘッドも接着剤などは付けずそのまま挿して仮り付けして計測します。グリップは、これからつけるゴルフプライドベルベットラバー360と同じ50gのものです。重量が違うと計測にならないので同じ重量のグリップにします。

 

さて、計測結果はC8でした。

 

C8では軽すぎますね。D1~2くらいにしたいです。

 

鉛をシャフトの先端くらいになる位置のネック部分に乗せて、D1に仕上げるには何グラム足さないといけないか調べます。結果は、6グラムでした。

 

こちらの鉛をシャフトに挿して、調整します。一番下の釘の頭のような箇所が1gなので、6の数字のセルの真ん中でカットすれば6gになります。

 

鉛について詳しくはこちらをどうぞ↓↓

 

カットした6gの鉛を下のようにスチールシャフトの真ん中に挿して、さらにヘッドを挿して、計測してみます。

 

D1になりました!

 

ではこれで仕上げていくことにします。

 

スポンサーリンク

スチールシャフトにグリップを装着する

今回使うグリップはこちらです。

ゴルフプライドベルベットラバー360

 

グリップ装着方法はこちらをご覧ください。

 

ヘッドにシャフトを装着する

まず、ソケットをシャフトに通します。

 

接着剤を用意します。使用した接着剤はこちらです。

 

このくらいづつ出します。足らないと後で後悔するので少し多めに作ります。

 

2液をしっかり混ぜます。

 

先程の鉛を接着剤をつけて、シャフトに挿します。

 

今度は、ゴルフのティーなどに接着剤を付けて、

ホーゼル内に塗ります。

 

次はシャフト側に塗って、ヘッドに挿します。

 

はみ出した余分な接着剤を、ティッシュペーパーなどでふき取ります。

 

シャフトのロゴの向きを気にされる方は、ここで調整しておきます。

 

半日もすれば乾きますが、念のため一晩置きましょう。

 

乾かしている間は指一本触れないでください!

 

一晩置いたら完成です!

 

仕上り確認(長さ、バランス、総重量を確認する)

仕上り結果は予定通り、

  • 長さ:39.25インチ
  • バランス:D1
  • 総重量:383g

となりました。

 

まとめ

完成したPINGのG400ユーティリティ4番を持って、このクラブの持ち主である知人と一緒に練習場に行き、打ってもらいました。

 

ナイスショットの連発で、とっても喜んでもらえました。

 

そして、今度は

  • G400のフェアウェイウッド5番
  • G425のユーティリティ3番

も同じように軽いので、重量アップのシャフトにリシャフトすることになりました。喜んでもらえるなら頑張ります!

 

またこちらも今度アップしようと思います!