サイトリニューアルしました!今後とも宜しくお願いします★

PING G400ユーティリティをカーボンからスチールへ自分でリシャフト(第1回/全3回)

PINGのG400シリーズは名器とも言われ、未だ人気が衰えません。

 

飛距離性能も方向安定性も素晴らしいですし、何より私は打感が大好きです。

 

そんなG400シリーズですが、今回は知人からユーティリティのリシャフトを頼まれました。

 

カーボンシャフトのALTA JCBが付いていているのですが、スライスをしてしまうそうです。

 

その方はドライバーのヘッドスピードが47m/sある方なので、柔らかすぎるのでしょう。そのクラブは4番UTなのですが、5番UTも持っていてそれはNSProのUtilityで気持ちよく打てて真っすぐいくそうなので、同じシャフトにリシャフトしてあげることにしました。

 

カーボンシャフトからスチールシャフトへリシャフトします!

 

 

スポンサーリンク

パーツの調達(シャフト他)

  • ソケット(外径13.7mm、内径9.4mm、長さ18.9mm)×1個
  • シャフト(N.S.Pro950GH Utility S)×1本
  • グリップ(GolfPride360、60R)×1本

 

ソケット

今ついているものと同じものを購入したいのですが、計測すると、

  • ヘッドネックの外径:13.0mm
  • 今ついているシャフトの外径:9.4mm
  • 今ついているソケットの長さ:14mm

なので、購入するソケットはそれに合わせたスペックの物を購入しないといけないのですが、全く同じものがありませんでした。

そこで、シャフトの外径とソケットの内径はぴったりと合わせないといけないので、そこは最低限合わせて、

  • ソケットの最大外径:13.7mm
  • ソケットの内径:9.4mm
  • 今ついているソケットの長さ:18.9mm

のものがあったので、これをカットして長さを18.9mm→14mmにし、ソケットはテーパー状になっているので、カットする分、外径が13.7mm→13.0mmに近い仕上がりになると予想を立てて、これを購入することにしました。

ソケットのテーパーの差、
(ソケットの最大外径13.7mm)ー(最小外径11.5mm)=2.2mm
だったので、18.9mm→14mmにカットすることで、 
 14/18.9=0.74
 11.5+2.2×0.74=13.1
となり、ソケットの外径がほぼ13mmでいい感じになると予想しました。
 
こちらが購入したソケットです。
 
 
 
ちなみに、長さについては絶対にその長さでないといけないわけではなく、使用者本人が気にならなければ長くても短くても、色や線などのデザインが入っていても構いません。
 
また、外径に差があるとネックとソケットに段差ができてしまいますが、気にするかどうかの問題です。あまり大きな段差ではなく、気にならなければそれでもいいですし、気になる場合は、紙やすりで削って、アセトンを塗って艶を出して仕上げるということもできます。
いずれにしても性能に支障はありません。

 

シャフト

今回は、既に持っているユーティリティの5番が調子がいいということでしたので、その5番に合わせて同じシャフトにすることになりました。

 

N.S.Pro950GH Utility フレックスS です。

Tip径も9.4mmなので問題ありません。

Tip径:シャフトのヘッド側の直径
Butt径:シャフトのグリップ側の直径

 

 

グリップ

グリップはいつものゴルフプライドベルベットラバーです。

  • ゴルフプライド360
  • バックライン無し
  • グリップ口径:0.600″
  • 重量:50g

 

スポンサーリンク

使用した道具(シャフト抜き器他)

  • シャフト抜き器
  • ヒートガン(1800W、600度)
  • パイプカッター
  • アクリル系接着剤(セメダイン製)
  • 紙やすり(80番)
  • 糸のこ(塩ビ・プラスチック用)
  • アセトン
  • グリップ用溶剤
  • 両面テープ

シャフト抜き器

私が使っているのはこちらのH2 PROというタイプです。

 

ちなみにPROより5000円ほど安い旧型のタイプもあります。

(旧型)シャフト抜き器 H2

 

PROと旧型の違いはこちらです。

PROは旧H2型に改良を加えてより強力になっています。

シャフトを抑えるクランプ部が長くなり、

シャフトを痛めずシッカリと保持できるようになりました。

また、バネは100mmから140mmと40mmも長くなり、

約2倍強力になったバネの力で、

少ない熱でもヘッドが楽に抜けます。

作業時間も大幅に短縮できます。

 

PROは5,000円の差を後悔させないほど、シャフト抜きが楽です。

 

ヒートガン

シャフトを抜く際に使用します。ヘッドのネック部分をこれで熱することで接着剤の強度を落とし、シャフトを抜いていきます。

 

パイプカッター

シャフトの長さ調整のために、シャフトをカットする際に使用します。スチールシャフトはパイプカッターを使用するとカットしやすいです。カーボンシャフトの場合は、糸のこを使っています。

私は100均でこちらを購入しました。刃がすぐだめになりますが、交換しながら使っています。

img_20161103_130506

しっかりしたものをお求めの方はこちらをどうぞ。

 

アクリル系接着剤(セメダイン製)

2液を混ぜて使うタイプです。混ぜるという手間がありますが、その分超強力な接着力があります。50本以上リシャフトしてきましたが、この接着剤以外使ったことはありません。クラブ使用中にヘッドが外れるなど、1回も失敗したことはありませんので、こちらの接着剤で強度に問題はありません。量的にも価格的にもおススメです。

 

紙やすり(80番)

クラブヘッドとシャフトを接着する際に、接着強度をあげるためにシャフトをツルツルの状態からザラザラの状態にするために、紙やすりで削ります。

ホームセンターで購入できます。スチールシャフトにキズを付けたいので、粗ければ粗いほどいいです。数字が低い方が粗いです。1枚30cm×20cmくらいで、100円程度です。

 

糸のこ(塩ビ・プラスチック用)

私はホームセンターで購入しました。今回、ソケットをカットする作業があったため、そのために使用しました。カッターやのこぎりでも試してみましたが、糸のこが一番切りやすかったです。

ネットで購入されたい方はこちらがおススメです。

 

アセトン

ヘッドからシャフトを抜いたあと、ホーゼル内に残った接着剤のカスなどを清掃するために使用します。
 
また、筆などでソケットにアセトンを塗ると、ソケットに艶が出て綺麗に仕上がります。
 

 

グリップ用溶剤

グリップ交換の際に、両面テープを溶かすための溶剤です。

 

両面テープ

グリップ交換時に使用します。

 

次回へつづく・・

気が付いたら長くなってしまったので、今回は準備の段階までにさせて頂きます。

次回は、いよいよリシャフトを実施します!