スイングの基本

なんだこれが原因か!ゴルフの引っ掛けはこうすれば直る

2017/03/18

引っ掛けの原因はたくさんありますが、

引っ掛けが出たあとに体重が後ろに残っている場合について、

その原因と対策をお話ししたいと思います。

 

 [スポンサードリンク]

引っ掛けの原因は体重移動にあり

打ったら引っ掛けが出た。

その時の姿勢はどうなっているでしょうか?

 

右足を上げて左足一本で立てるほど左足に体重が移っているでしょうか?

 

打ったあと右足に体重がしっかり残り、

両足で足の裏がしっかりついた状態で立ってしまっている。

そして引っ掛けたボールの行方を「あ~あ」と目で追いかけてしまっている方。

 

引っ掛けの原因はダウンスイングからフォローまでの体重移動にあります。

 

しっかり飛ばそうと、テイクバックで右に体重移動したはいいものの

ダウンスイングで力が入りスムーズに回転できず、

手でスイングしてしまい、体重は左に移すこともできず、

クラブのヘッドだけが返ってしまい、左に引っ掛けてしまう。

 

これが体重が右に(後ろに)残ってしまう方の引っ掛けの原因の流れです。

 

引っ掛けの防止方法

体重が後ろに残ってしまう方は、基本的には力みが原因です。

 

力を抜いて全力で素早く体を回転させることだけに意識をおくと

引っ掛けはでません。

 

それともう一つ。

 

正しいグリップが出来ていれば、

体を早く回転すればするほど、万が一トップが出ることがあっても

ボールは左右に大きくは曲がりません。

 

まず修正しなければいけないこと。

 

それはテイクバックで頭の位置を微動だにさせず、

体重を右に移さないようにすることです。

ボールの見え方が変わらないように意識します。

 

状態が起きればボールは小さく見えますし、

体重が右に移ればボールの右半分が見えてきます。

 

アドレスしてからボールが目の前から消えるまで

ボールは終始同じように見えるようにしてください。

 

あとは全力で腰を切る(回転させる)だけです。

 

これで引っ掛けは止まるはずです。

 

それでも引っ掛けが出てしまう|フックグリップが強すぎないか見直しましょう

グリップを見直してみましょう。

左手がフックグリップ(握りこぶしが見えすぎている)

になりすぎていれば、少し左に(反時計回りに)回転させて

ウィークに握ってみてください。

 

右手が下から握りすぎている場合も、

引っ掛けが出る要因となります。

これも左に(反時計回りに)グリップを回転させて調整してみてください。

 

このとき、グリップしたあと両手のひらをパーにして開いたときに

両手のひらが平行になるようにしてください。

決して下の写真のように交差することがないようにグリップを調整してみてください。

 

みなさんの引っ掛けが直りますように☆

 

-スイングの基本