ミスショットの悩み解決

ゴルフのシャンクの原因|インパクトで右膝が前に出ないためのアドレス

ラウンド中にシャンクが出るとほんとに凹みますよね。

 

ペチィッ!

 

思い出すだけで嫌悪感・・・

 

1回出るだけでも嫌なのに、たいてい止まらなくなってしまい、

その日のラウンドはめちゃくちゃです。

 

半年間止まらなかった時期がありましたが、

その時は練習でも出るし、ラウンドに行くのが楽しくなくなっていました。

 

今日は同じように悩んでいる方のヒントになればと思い、

その時にやっとの思いで直した方法をご紹介したいと思います。

 

 [スポンサードリンク]

右膝が前に出るとシャンクになる原理

多くの場合シャンクの原因は

インパクトの瞬間膝が前に出ることで、

ヘッドの通り道(軌道)がいつもより外寄りになってしまい、

ヘッドのネックにボールが当たることにあります。

 

結果、ネックに当たったボールは

手に残る嫌な感覚と気分の悪い音とともに

真横に飛んでしまいます。

 

テイクバックからトップまではシャンクが出る気配はありません。

 

ですがダウンスイングで腰の回転が小さい(又はまったくない)まま

右足を蹴り、膝が前に出てしまうと・・・ペチィッ・・

 

右膝が前に出る動きはアドレスで防止できる

では右膝が前に出ないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

 

それはアドレスで防止できます。

 

アドレスで膝を曲げている方、

その曲げ度合いが大きければ大きいほど

シャンクが出やすくなります。

 

膝を曲げるのではなく、

腰を後ろに引いて、前傾姿勢をいつもより少しだけ深くしてください。

 

膝を曲げると膝がかかとより前に出ますが、

腰を引いて膝がかかとより前にでないように

(スネが地面に出来るだけ垂直になるように) します。

 

膝を曲げて右足の蹴りを使うと、膝は前に出やすくなります。

膝が前に出るとクラブの通り道がなくなり、外側寄りを通り

ネックに当たってしまいます。

 

ですが膝を曲げるのではなく、腰を引いて前傾を少し深くすると

右足の蹴りを使っても膝は前にでにくくなり、

クラブの通り道をふさぐことはありません。

 

腰を引いたアドレスで、シャンクを防止しましょう!

 

その他のシャンクの原因|テイクバックでインサイドに引き過ぎる

テイクバックでインサイドに引き過ぎてもシャンクが出やすくなります。

 

クラブは基本的に、

テイクバックで通った軌道をダウンスイングでも通ります。

 

つまりインサイドに引き過ぎると

ダウンスイングでも極端にインサイドから下りてきて、

ネックに当たりやすくなります。

 

スライスが出やすい人より、ドローが出やすい人の方が

シャンクが出やすいのもこのためです。

 

「シャンクは上達していくときに必ずぶち当たる壁」

「シャンクとナイスショットとは紙一重」

と言われるのも上達する過程が

 

初心者:アウトサイドイン軌道でスライスが出やすい

中級者:インサイドから下りるようになり球が捕まり始める

【ここでシャンクが出やすくなる】

上級者:スイング軌道が安定し緩やかなインサイドアウトの捕まった球が打てる

 

という流れが多いからです。

 

インサイドに引き過ぎていることが原因のような気がする方は、

テイクバックをいつもより低く長くまっすぐに引くように

意識してみて下さい。

 

緩やかなインサイドアウトになり、

シャンクは直りキレイなドローボールになるでしょう。

 

-ミスショットの悩み解決