ゴルフ上達法★ちょっと行ってくるわー

~ひとつの意識でベスト更新~

プロフィール

★独学でゴルフを楽しむサラリーマンゴルファー★
   ハンドルネーム: Ishikawa
 ベストスコア: 76
   JGA HDCP: 6.3

100切りスキル

ゴルフのスライス・フック(引っ掛け)の直し方!ドライバーからウェッジまでこれで矯正

2020/11/16

スライスとフック(引っ掛け)のミスはOBを伴うので、直したいと悩む方は多いと思います。

 

イメージする球筋と違うというのも気持ちのいいものではありません。

 

真っすぐ、又は曲がってもコース内に残るショットが打ちたいですよね。

 

プレイング4からばかりではやはり面白くありません。

 

矯正ではありますが、今回はそんなスライスやフック(引っ掛け)を直す方法についてご紹介したいと思います。

 

スライスの直し方|矯正方法

では早速ですが、スライスの直し方(矯正方法)をご紹介します。

 

とっても簡単!誰でもできます。

 

それは「フェースを開いて構える」だけです。

 

「えっ!?逆じゃないの!」と思いますよね?

 

「フェースを開いたら余計スライスするんじゃないの?」と。

 

スライスするからといってフェースをかぶせて構えても、スライスを助長するだけなんです。

 

なぜかというと、フェースをかぶせて構えても、インパクトのときに左に行きそうな気がして、それを嫌がってフェースをスクエアに戻そうと、フェースを開こうとする動きが無意識のうちに入ってしまうのです。

 

その開く動きがスライスを引き起こしてしまいます。

 

逆にフェースを開いて構えると、インパクトのときにこのままではスライスになってしまう、という意識が入り、フェースをスクエアに戻そうという動きが入ります。

 

これによって、ストレートから捕まりの良い軽いドローが出るようになります。

 

元々がスライスするスイングなので、フェースが少々かぶっても引っ掛けにまでなることはありません。

 

フックに構えてフェースを開く動きが入ると、スイングがスライスの動きである上にフェースが開くので、スライスが助長するという訳です。

 

スライスを矯正する方法、それはフェースを開いて構えるです。

 

フック(引っ掛け)の直し方|矯正方法

では、フック(引っ掛け)の直し方は。。

 

お察しのとおり、スライスの矯正方法の逆をします。

 

フェースを閉じて構えるです。

 

スライスの矯正方法と逆の原理です。

 

 

この方法はあくまで矯正なので、これでうまくいくからといって、ずっと続けるのはあまりおススメしません。

 

本当はクラブを変えたりスイングを調整して、正しいゴルフスタイルを身につけて頂きたいです。

 

明日コンペなのにどうしてもスライスが止まらない、という時や、ラウンド中に引っ掛けが止まらない、という時の応急処置として思い出してもらえたら、きっと助けになると思います。

 

でもその前に、必ず練習場でやってみておいてくださいね。

 

楽天GORA

★★★★★★★★★★★★★★
よしっ!あいつと勝負しよう!
   
★★★★★★★★★★★★★★


-100切りスキル