スイングの基本

ゴルフスイングで左肘は伸ばすのが鉄則|アドレス時の左肘の向きがポイント

2017/03/18

あまり気にされない箇所かもしれませんが、

左肘はボールを芯でとらえる確率をあげるために

かなり重要なポイントだと私は思っています。

 

練習場で簡単にできることなので、

是非試してみて頂いて、新たな発見になれば嬉しいです。

 

 [スポンサードリンク]

まずはアドレス|左肘の向きがポイント|ここで8割決まる

左肘は必ずアドレスの時点から伸ばして下さい。

 

ただし、伸ばしたときに肘をつっぱりすぎて

左肘の内側が正面を向いている状態はNGです。

これは力んでいることになります。

 

左肘の内側が正面から45度斜め右前方を向いているのが理想です。

この向きに向いているということは力も入っておらず

ちょうどよい力感、左肘の伸ばし具合になっているということです。

テイクバックもスムーズにできます。

 

テイクバック|ここでも左肘は伸ばしたまま

左肩をあごの下に入れるように捻転していくと、

左肘を伸ばしたままテイクバックできます。

 

「この左肩を入れるように捻転する」というのが

ポイントです。

 

またテイクバックの始動で、

ボールから後ろ30cmまでは地面をこするように意識すると、

より左肘が伸びたテイクバックができます。

 

トップ|ここが一番しんどい!でもしっかり伸ばしたまま

体が硬い方はトップで曲がってしまいがちですが、

ここでもしっかり伸ばして下さい。

 

ダウンスイング~フォロー|ここで左肘が曲がれば球も曲がる

ここで曲がってしまっては、ここまで我慢していたのも一瞬のうちに水の泡です。

 

最初はダフりそうで、左肩がすくむようにインパクトしてしまい、

フォローでも左肘が引けて脇が開いてしまうことがありますが、

地面やマットにヘッドをしっかり落とすことに慣れてくると

左肘を伸ばしたままフォロー出来るようになります。

 

何度も何度も繰り返し練習してみて下さい。

 

左肘を自然に折りたたんでフィニッシュ!

最後は自然に曲がるように曲げて

気持ちよく左足に乗ったフィニッシュを取ってください。

 

まとめ

私の場合、芯に当たらないなぁと思った時は

この左肘が原因のことがよくあります。

先日の練習でもあったので、みなさんのヒントにも慣ればと思って

掲載することにしました。

 

今のような寒い時期は特に肩や腕が縮こまって

気づかないうちにスイングが小さくなっていることがあるので、

是非ここに注意してスイングしてみてください☆

 

-スイングの基本