スキルアップを目指して

安定したショットで80台を出そう|力みを取る方法と丹田の意識

2017/03/18

力を入れていないつもりでも入っていることってありませんか?

正しい力感かどうか分からないときも困りますよね。

 

こんな時は。。

いつものようにアドレスしたらボールの横でクラブヘッドを地面にトントンと打ち付ける

これだけで簡単に肩の力がスッと抜けて、ちょうどいい力感になります。

 

上半身はこの「クラブヘッドのトントン」でOKです。

ではこの時の下半身はどうしたらよいでしょうか。

ポイントは丹田にあります。

 

 [スポンサードリンク]

ゴルフスイングにおける丹田の意識

 

下半身はしっかり使わないと正しいスイングができません。

 

下半身をしっかり使うために必要なこと、

それは丹田を意識することです。

 

丹田はへそから指三本分くらい下の位置にあります。

 

腹筋はへそより上なので、腹筋とは違います。

腹筋を意識すると脚に力が入り動かなくなってしまうのですが、

丹田への意識はこれとは全く別ものです。

 

丹田を意識することで、

体に軸ができ左右のぶれがなくなります。

 

意識するのとしないのとでは明らかにミート率が変わります。

私の場合、テイクバックで右に少し動くクセがあるのですが

丹田を意識するだけでぶれなくなります。

 

さらにアドレスの時に丹田に手を添えると、

触った感覚が残り自然と意識できるようになります。

 

アドレスのルーティンに取り入れると

さらに精度のいいショットが身につくはずです。

 

再現性の良い安定したショットを求めている方、

是非お試し下さい☆

 

-スキルアップを目指して