スイングの基本

アドレス時のボールとの距離|近くに立つ勇気の先にナイスショットがある!

2017/03/18

アドレスした時の手元の空間を作るために、

ボールとの距離はある程度あった方が立ちやすいかもしれません。

そして安心感もあるでしょう。

 

ですが、今のその距離でボールは芯に当たっているでしょうか?

 

 [スポンサードリンク]

近づけば芯に当たる|窮屈くらいが丁度いい

 

 

80%以上の確率で当たっているのでしたら、

その距離でバッチリです。

 

ですがもしそうでなければ、ボールとの距離を見直してみましょう。

 

指2本分近づいてみて下さい。

 

アドレスした時にグリップエンドと体の距離は、

握りこぶし1個分~1.5個分がちょうどいいです。

2個では遠いです。

 

近づくには、

姿勢を起こして手元を上げる(ハンドアップにする)か、

姿勢を前傾させて手元を下げる(ハンドダウンにする)か、

のどちらかになると思いますが、

前者ではふらつきやすくなり、スイングが安定しなくなるので、

必ず後者でアドレスを作り直して下さい。

 

窮屈な感じがしたり、

シャンクになりそうで怖かったり、

最初は違和感があると思いますが、

勇気を持って慣れるまでしっかり練習してみて下さい。

 

必ず開眼するものがあるはずです。

 

ボールとの距離を近くすることによる効果

ボールとの距離を近くすることで前傾姿勢が深くなり、

ハンドダウンになったことでコックが作りやすくなることで、

手首の角度を保ったままスイングしやすくなります。

 

手首の角度を保つことは芯に当てるためには絶対です。

 

ダウンブローに打ちやすくなるので、

ボールとの距離を近くすることはアイアンでのスイングに特に効果があります。

 

分かりにくい表現かもしれませんが、スイング自体にゆるみがなくなります。

ボールに少し近づいたことで易しく感じ、

当たる気がしてくるので自信が出て

腰の切れた思い切ったスイングができます。

 

是非一度試して頂きたいポイントです。

 

 

 

ボールとの距離が分からなくならないために

気をつけていても気づかないうちに

距離が変わっていることがあります。

 

芯をとらえたナイスショットが出るようになったら、

ボールとの距離をクラブを使って測っておきましょう。

 

私も実践しているおススメの方法は、

例えば7番アイアンでアドレスして

その時のつま先からボールまでの距離をそのまま7番アイアンで測って、

スイング中に気にならない程度の色のマスキングテープを使って

印をつけておく方法です。

 

これを各番手でやっておけば、調子が悪いときにすぐに確認できます。

 

アドレスでのボールとの距離は分からなくなりやすいポイントの一つなので、

調子のいい時に残しておきましょう。

 

 

 

 

-スイングの基本