ミスショットの悩み解決

スライスと引っ掛けの防止法|ドライバーからウェッジまでこれで矯正

スライスと引っ掛けはOBを伴うので、

無くしたいと悩む方は多いと思います。

 

今からご紹介する方法で、矯正ではありますが

スライスや引っ掛けは収まるはずです。

是非一度お試し下さい。

 

 [スポンサードリンク]

スライスの矯正方法|フェースを・・・

もう早速紹介します。

フェースを開いて構えるだけです。

 

「えっ!?逆じゃないの」と思いますよね?

 

「フェースを開いたら余計スライスするんじゃないの?」と。

 

スライスするからと言って、フェースをかぶせて構えてもスライスを助長するだけです。

 

なぜか。

 

フェースをかぶせて構えても、インパクト時には左に行きそうな気がして

それを嫌がってフェースをスクエアに戻そうと開こうとする動きが

無意識のうちに入ってしまうんです。

その開く動きがスライスを引き起こしてしまいます。

 

逆にフェースを開いて構えると、

インパクトの時にこのままではスライスになることが

分かっているのでフェースをスクエアに戻そうという動きが入ります。

これによって、ストレートから軽いフックが出るようになります。

 

元々がスライスするスイングなので、

フェースが少々かぶっても引っ掛けにまでなることはありません。

 

フックに構えてフェースを開く動きが入ると

スイングがスライスの動きである上にフェースが開くので、

スライスが助長するという訳です。

 

スライスを矯正する方法

それはフェースを開いて構えるです。

 

引っ掛けを矯正する方法

では引っ掛けを矯正する方法は・・・

 

お察しのとおり、スライスの矯正方法の逆。

 

フェースを閉じて構えるです。

 

原理もスライスの矯正方法と逆です。

 

 

この方法はあくまで矯正なのでこれでうまくいくからと言って

続けるのはおススメしません。

 

本当はクラブを変えたりスイングを調整して

正しいゴルフスタイルを身につけて頂きたいです。

 

明日コンペなのにどうしてもスライスが止まらないという時や

ラウンド中に引っ掛けが止まらないという時に

ふとやってみたら助けになると思います。

是非!!

 

 

-ミスショットの悩み解決