スイングの基本

ワッグルをするとミスが激減する|その理由とワッグルのやり方

ワッグルは上級者ほどプレショットルーティンに取り入れている

動作の一つです。

 

ワッグルのメリットは2つあります。

①力みを取る

②フェースの向きを確認する

 

ではそれぞれ理由と方法を説明していきたいと思います。

 

 [スポンサードリンク]

①力みを取る

力みはスイングの大敵です。

ダフリや引っ掛けなどのミスがでます。

 

ワッグルはその力みを取るための有効な手段です。

 

手首や腕、方の力が抜けていないとできない動作だからです。

 

力んでやってみてもらったらすぐに分かるはずです。

 

ワッグルが気持ちよくできるかどうかを

力んでいないかの指標にしてもらうといいです。

 

「力んで良くダフルんだよな~」という方は

是非ルーティンにワッグルを取り入れて下さい。

 

②フェースの向きを確認する

フックグリップになり過ぎていたり、

ワッグルをしたときにフェースがかぶり、

逆にウィークになり過ぎていたら、

フェースが開きます。

 

人は疲れや思考で冷静な状態とは違う感覚になり、

グリップもいつもと同じように握れていないことがあります。

 

 

そんな時ヘッドのソールを地面に付けてグリップを作るだけでは

いつもと同じように握っているつもりでも

グリップが正しくできていないことがあります。

 

そんなときルーティンンにワッグルを行っていれば

グリップが正しくないことに気づくことができ、

ミスを未然に防ぐことができるのです。

 

ワッグルのやり方

まずアドレスの形を作ったら、

手首、腕、肩の力を抜きます。

 

グリップの右手の親指と人差し指の位置を支点にして

ヘッドを右に動かすと同時にグリップ側は左に動かします。

 

次にヘッドをアドレスの位置に戻し、

ボールの手前で止め、フェースがスクエアになっているか確認します。

かぶるようなら少しウィーク目に握りなおしたりして、

グリップの調整をします。

 

ポイントは赤い字で示しているように支点の位置です。

この位置でないとワッグルはうまくいきません。

 

そして力が抜けていないとできません。

特に手首を柔らかく使って下さい。

 

是非ワッグルをルーティンに取り入れてミスを激減しましょう!

-スイングの基本