スイングの基本

ドライバースイングでの右肘の使い方が全て分かる|アドレスからフォローまで徹底解剖

スイング中の左肘はフォローからフィニッシュ以外、

終始伸ばしていればいいですが、

右肘はテイクバックからフォローまで複雑な動きをしています。

 

この右肘の動きをひとつづつ説明していきます。

最後には「プロのような左肘が伸びた綺麗なフォローを実現する方法」も紹介します。

 

 [スポンサードリンク]

アドレス|左肘はこの形から始まる

アドレスで右肘の内側は、完全に正面を向けます。

 

そしてこれがポイントです。

ほんの少しだけ曲げます。

 

この形をとると、右脇は締まり、おへそと右脇腹の間に右肘が軽く当たると思います。

 

また、少し曲げるのは力みを取り除く効果があるためと、

テイクバックで右肘が折りたたみやすくなるためです。

(左肘は絶対に曲げてはいけません。)

 

テイクバック~トップ|アドレスが正しくできていれば右肘は理想の形で折りたたまれる

テイクバックで左肘は徐々に折りたたまれていきます。

アドレスで上記の正しい形ができていれば、

何も考えなくても自然に理想の形で曲がっていきます。

 

トップでは右脇が無駄に開くことなく、

右肘は90度で収まり、真下を向きます。

 

このとき右肘と左肘の距離は、アドレスのときの距離と変わりません。

 

ダウンスイング~インパクト|右肘は90度~180度へ

体が先行して回り、手元が下りてくることで、

右肘は右脇腹に急接近し当たります。

 

当たったまま伸びていき、インパクトではまだ曲がったままで、

インパクトからフォローにかけて伸びていき、

フィニッシュでは収まるように収めて下さい。

 

意識する必要はありませんが、

インパクトでの右肘の曲がり具合は、アドレスの時の曲がり具合と同じになります。

 

これらはあくまでスイング中の結果の話しで、

チェックポイントとして下さい。

決して右肘に力を入れて形を作るようなことはしないで下さい。

 

プロのような左肘が伸びた綺麗なフォローを実現する方法

まずアドレスしトップまで上げます。

そしてトップでの左肩の位置を維持したまま

ダウンスイングしていきます。

左に行かないようにするわけです。

 

そのままインパクトを迎えて下さい。

インパクトにヘッドが届かないと思いますよね。

 

これが届くんです。

 

クラブヘッドと腕が引っ張り合う形ができ、

遠心力で腕が伸びていき、この結果フォローで左肘が伸びることで

プロのような綺麗なフォローが完成します。

 

これをマスターすれば、

インパクトで左脇が開く手羽先スイングともおさらばです。

両肩がすくんだカッコ悪いインパクトとともおさらばです。

 

-スイングの基本