スイングの基本

ゴルフスイングのトップの位置は決めるものではなく決まるもの

本や雑誌やテレビのレッスンを見て、

自分の中でトップの位置はこうあるべきと決めている人もいるでしょう。

 

球を捕まえたい、又はドローを打ちたいから低くしたいとか、

ショットを安定させるためにフェードを打ちたいから高くしたいとか。

 

トップはどの位置が理想なんだろう?

トップの位置はどうやって決めたらいいんだろう?

と悩んでいる人もいるでしょう。

 

実はトップの位置は何も考える必要はないんです。

 

 [スポンサードリンク]

トップの位置はどうやって決まるか

トップの位置を方向と高さの2つの要素に分けて考えたいと思います。

 

まず方向から

トップの位置はテイクバックを上げていった方向の延長線上にあります。

これを高くしたいから、低くしたいからと、

手を使って方向を変えるようなことをしてはいけません。

8の字を描く人は手を使っている可能性があります。

 

テイクバックを上げていき、グリップが腰の高さに来た時に

シャフトは地面と平行で、さらに飛球線にも並行であることが理想です。

 

この腰の位置をハーフウェイバックといいますが、

アドレスからハーフウェイバックまでの軌道の延長にトップがあります。

 

直線を考えてみて下さい。

直線は2点が決まれば決まります。

2点が決まっている時に、その2点を通る直線は1つしかありません。

 

ここで言う2点とは「アドレス」と「理想のハーフフェイバックの位置」です。

つまりトップの方向は、この2点を結ぶ1方向しかないのです。

それより高くも、低くもなりません。

 

これがテイクバックの理想のオンプレーン軌道です。

 

次に高さは

高さも実は自然に決まります。

 

ただし一つ条件があります。

それは腰の位置を動かさないことです。

 

腰を動かさないわけではありません。

それでは回転ができませんので。

 

テイクバックの時に飛球線方向に腰を残すイメージでちょうどいいです。

 

それで、上がるところまで上げます。

 

意外と上がらなくないでしょうか?

 

腰が飛球線後方に動いてしまうと、どこまでも上がって(オーバースイング)

しまうんです。

 

腰を残すと適度なところまでしか上がりません。

 

これがあなたの理想の高さです。

 

そして、意外に気が付かないのは、

手元が耳の高さくらいまでしか上がっていないつもりでも、

動画を撮ったり、人に見てもらうと

ちゃんとシャフトが地面と平行になるくらいまで上がっているので安心して下さい。

 

体が硬い人は肩の位置くらいまでしか上がらないかもしれません。

動画を撮ってもシャフトは地面と平行までいっていなくて、

飛距離が落ちるのではないかと不安になるかもしれません。

 

だからといって頑張って上げようとしてはいけません。

 

実はトップが高いから、低いからで飛距離はそれほど変わりません。

逆に理想のトップが出来たことでミート率が上がり、飛距離が伸びる可能性だってあります。

 

上がるところまでで十分です。

 

手の力で軌道を操作してプレーンから外れ、ミスショットを誘発する方が怖いです。

 

自分の理想のトップの位置を作るためにルーティンにハーフフェイバックを取り入れよう

トップの位置は切り返しのタイミングがずれないようにするために、

とても重要な要素です。

 

(参考)ゴルフスイングの切り返しのコツ|あなたに合うタイミングの取り方が見つかる

 

芯に当てるためには欠かせません。

 

お話ししたように、トップの位置が決まる条件は、

方向:アドレスとハーフフェイバックの軌道に乗せる

高さ:腰の位置を動かさないようにテイクバック

です。

つまり腰の位置を動かさないように、ハーフフェイバックの位置にテイクバックしていけば

自然と理想のトップの位置に行きます。

 

そこでルーティンに、ハーフフェイバックの位置を確認する動作を入れてみて下さい。

私も実践していますが、プロもこれをやっている人はいます。

 

打つ前にハーフフェイバックの位置を確認して、

アドレスの位置からその位置に向かって上げていきます。

もちろん”腰は残して”です。

 

これでトップの位置の問題は解消です!

 

-スイングの基本