スイングの基本

アイアンが芯に当たらない時の原因と対策

2017/03/18

ゴルフは芯に当たらなければ

距離も出ないし、打感も気持ち悪いし、

手がしびれるし、楽しくないですよね。

 

芯に当たる確率が少しでもアップするように

その方法をご紹介したいと思います。

 

 [スポンサードリンク]

芯に当たらない・・ではどこに当たっている?

まずはどこに当たっているか確認しましょう。

当たっている場所によって、対策方法が変わってきます。

 

ボールが当たると跡が付くシールをフェースに貼って、確認します。

8番アイアンくらいで、1枚のシールで5球くらい打ってみましょう。

跡の付き方によって、次のように対処してください。

 

ヒール寄りに当たる場合

ボールとの距離が近過ぎる

単純なことですが、練習場で打ち続けていると知らず知らずのうちに

ボールに近づいていることがあります。近い方が楽だからです。

ボールとの距離を確認してみましょう。

 

ダウンスイングがインサイドから入り過ぎてる

この場合もヒール寄りに当たってしまいます。

ダウンスイングはテイクバックによって軌道が変わってきますが、

真っすぐに引くことを意識してテイクバックしてみましょう。

 

シャフトが硬すぎる

通常インパクトでシャフトはトゥが下がるように曲がる、トゥダウン現象が起きます。

ヘッドスピードに合ったシャフトの硬さであれば、綺麗にインパクトできますが、

硬すぎる場合本来の曲がり度合にならず、トゥダウンしきらないため、

ヒールに当たってしまいます。

1フレックス柔らかいものを試打して確認してみましょう。

 

トゥ寄りに当たる場合

ボールとの距離が遠過ぎる

 

つま先に体重が乗り過ぎていて、ボールとの距離が遠くなっているかもしれません。

確認してみましょう。

 

ダウンスイングがアウトサイドから下り過ぎている

ダウンスイングがアウトサイドから入ってくることで、

トゥに当たりやすくなります。

こんな時は、テイクバックを低く長く引いてみて下さい。

肩の回転が大きく、また捻転が深くなり、ダウンスイングがインサイドから下りやすくなります。

これはスライスの防止にも役立ちます。

 

インパクトでコックがほどけている

手首の角度が保てず、インパクトで早めにコックがほどけているかもしれません。

アドレスでトゥを数ミリだけ浮かせて、少しハンドダウン気味に構えます。

あとはいつも通りスイングするだけで、コックがほどけにくいスイングになります。

 

フェースの上部に当たる場合(球が吹き上がる)

ダウンブローが強すぎ、フェースの上部で打ってしまっています。

スピンがかかり過ぎてしまうため、吹き上がる球筋になってしまいます。

 

下過ぎる場合(トップばかり出る)

インパクトで前傾姿勢が保てず、起きてしまっているかもしれません。

アドレスでかかと体重になっていないか確認しましょう。

またインパクト後も前傾姿勢を保ったまま、目でボールを追う意識を持つのも効果的です。

 

まとめ

ゴルフは芯に当たってなんぼ、芯に当たったショットが気持ちよくてゴルフをやっている方も多いと思います。

芯にさえ当たれば、最近のクラブはOBになるほどの曲がりにはならないように作られています。

芯に当たるということは、それなりのスイングが出来ているとも言えます。

私は上記のミスは全て経験していて、ここに紹介した解決法も自分で試行錯誤して見つけたものです。

必ず克服できるはずですので、是非試してみて下さい。

 

-スイングの基本