スイングの基本

パットを真っ直ぐ打ちたいなら肩甲骨でストローク

2017/03/18

スポーツのレッスン番組が好きでよく見ているのですが、

マラソンのレッスンを見ているときのことです。

 

「腕を振るのではなく、肩甲骨を動かして走る」という

ワンポイントがありました。

 

ゴルフのパットも肩甲骨を意識してストロークすると

フェースが左右にブレることなく

真っ直ぐにボールを出すことができるのですが、

肩甲骨を意識するということにいまいちピンときていなかった私は、

「何かヒントになるかも」と食い入るようにテレビに集中しました。

  

 [スポンサードリンク]

肩甲骨を意識する方法

そのコーチは、こう言っていました。

 

両腕を一度バンザイするようにあげて、

ゆっくり両方の肩甲骨を寄せるように

少し後ろ気味に下ろしていきます。

 

この時、指先を上に向けたまま、

肘を曲げながら手のひらが肩の位置に来るまで

ゆっくり下ろしていきます。

寄った肩甲骨の位置を変えないように、ランニングする時の手の位置に持ってきます。

そのまま前後に振ると、肩甲骨で振るランニングフォームの完成です。

 

ここで「ランニングする時の手の位置」というのを

パットをする時の手の位置に置き換えて、

そのコーチの言葉通りに実行し、素振りをしてみました。

 

なんと肩甲骨でストロークできている感じがあります!

 

実際にパター練習してみても、

実にまっすぐスムーズにストロークできます。

 

悩んでいた「肩甲骨を意識したストローク」のモヤモヤが

やっと晴れました。

 

今回のように他のスポーツからゴルフにつながることもあるので、

上達に行き詰まっている方はゴルフ以外にも

目を向けると新しい道が開けるかもしれません。

 

-スイングの基本