スイングの基本

自分のスイングはオンプレーン?|プレーンに乗っているか確認する方法

2017/03/18

今やスマホで簡単にきれいな動画が撮れる時代。

便利になりましたね。

 

スイングを客観的に見るためにも、

この便利なツールを使わない手はありません。

 

カメラでももちろん結構ですが手軽に使えるスマホで

一度ご自分のスイング動画を撮ってみてはいかがでしょうか。

 

 [スポンサードリンク]

スイングプレーンを確認するためのスイング動画の撮り方

スイングプレーンを確認するためには

適当に撮ればいいというものではなく、

いくつかチェックポイントがあります。

 

飛球線後方からグリップの高さで、グリップの位置をカメラの中心にして、

撮ってください。

 

このカメラのアングルを決める

「高さ」と「位置」が正しく取れていないとスイングプレーンも正しく確認できないので

注意して下さい。

 

スイングプレーンの確認方法

私は「スイングフォームチェッカー」というアプリを使っていますが、

動画に線を引けるアプリを準備して下さい。

 

動画を再生しアドレスの状態でストップしたら、

シャフトのラインを延長した線とボールと肩を結んだ線の2本を引きます。

線が引けるようなソフトがなければ、

再生している画面で何でもいいのでつまようじのようなものを線の代わりに当ててもいいです。

 

その2本の線の間でスイング中、

終始シャフトが外れなければ正しくオンプレーンが出来ています。

 

オンプレーンでスイングできると芯にあたる

先日練習で「トップが気持ち悪いなー」と思って動画を撮ってみると

やはりプレーンから外れていました。その時はトップが高過ぎて上に外れていました。

 

低く収まるように横振りを意識して振ると、

トップは気持ちのいいところで決まりました。

 

そして芯にも当たるようになりました。

やはりオンプレーンに振るということは大事なのだと

改めて実感しました。

 

動画をとってもちゃんとプレーン内に収まっていました。

 

オンプレーンの時の正しいトップの位置|練習場でここをチェック!

体を真っ直ぐに起こし、クラブを持って肩の高さまで腕を伸ばしたまま上げます。

クラブと腕は一直線です。

 

そして、クラブを右方向に真横に振ってみます。

当然肩の高さで収まると思います。

 

そのままいつものスタンスで前傾姿勢をとってみて下さい。

トップの形の完成です。

 

これがあなたの正しいトップの位置です。

 

まとめ

オンプレーンにスイングすることは

安定したショットを作るためにとても大事です。

 

芯に当たらない方、トップが決まらない方、

動画を撮ってみて、正しいプレーンに収まっているか確認してみると

プレーンから外れているかもしれません。

 

オンプレーンスイングでさらなる上達を目指しましょう!

 

-スイングの基本