スイングの基本 ミスショットの悩み解決

インパクトで「手首を返す」の正しいやり方

2017/01/25

 ゴルフのスイングについての本や雑誌、番組などを見ていると

「手首を返す」という言葉がよく出てきます。

 

「手首を返す」とはいったいどういう動きなのでしょうか。

 

 [スポンサードリンク]

手首を返す動きとは

パッとイメージするのは、インパクトでヘッドを左右に振る動きだと思います。

うちわで左右に仰ぐような動きです。

 

でも実はそうではありません。

 

「手首を返す」という動きはボールを捕まえるための動作になるので、

フェース開いた状態からインパクトでフェースを閉じる

動作が「手首を返す」動きになります。

 

要は手首だけ見ればローリングさせる動きになります。

反時計回りに捻るということです。

 

インパクトの瞬間、手首を反時計回りに捻るのです。

 

でもこれって、アマチュアの練習量で出来るでしょうか。

 

プロの飛距離がスゴイのは筋力もありますが、

こういった動きが莫大な練習量の元に出来るからです。

 

しかしアマチュアが「インパクトの瞬間」と言っても

タイミングが取れるものではありません。

 

なので飛距離が少々落ちても、手首を返す動きというのはやらない方が無難です。

 

手首を返さなければ方向性が安定するので、

ラフや傾斜から打つことが少なくなり、

結果、スコアはいい方向にいきます。

  

手首を返す動きをしなくてもボールを捕まえる方法

それは

「フェース面をボールに向けたままテイクバックする」

ただこれだけです。

 

フェース面をボールに向けたままテイクバックすると、

ヘッドが腰の位置、シャフトが地面と平行になった時に

ヘッドのトゥが12時や1時を指すのではなく、

11時くらいを指しているのが理想です。

 

そのままトップまで持ってくると、

フェースは空を向きます。

  

切り返し以降は肩が開かないように気をつけて

インパクトを迎えればフェースは開くことはありません。

 

スローモーションでスイングして

フェースの動きを何度も確かめてみてください。

 

「手首を返す」という高度な技術がなくても

レギュラーティーから70台は出せます。

 

しかしながら、競技に出ていてバックからラウンドすることが多く、

飛距離が重要なポイントになる方は

手首を返すスイングを練習でしっかりと身に付けて下さい。

 

-スイングの基本, ミスショットの悩み解決