自分でリシャフト

自分でスリーブの取り付けに挑戦

2017/03/18

前々からやってみたかったことの一つをついに実行に移しました。

 

リシャフトです。

 

ゴルフショップで邪魔になるほど傍で作業を見つめ、

ネットで調べまくり、

ようやく出来そうなイメージができたので計画を実行に移しました。

 

 [スポンサードリンク]

タイトリスト913Hdのリシャフトを自分ですることに

 

リシャフトと言ってもタイトリスト913Hdはカチャカチャのタイプなので

今回はシャフトにスリーブを取り付けるだけの作業です。

アイアンのリシャフトについてはこちら

 

もし真似をされる方は

すみませんが自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

 

シャフトはダイナミックゴールドからNSPro Hybridへ

18度にはダイナミックゴールドSL、23度にはS200がついているのですが、

最近肩を痛め重さにしんどくなってきたので、軽めにしたいと考え、

S200と挙動が似ているという評判の【 NSPro Hybrid 】を選びました。

重量フローを考慮し、18度には100Sを、23度には110Sをつけることにしました。

 

 

スリーブ取り付けのための準備

ネットで下記のものを購入しました。

  • シャフト(NSPro Hybrid- 100S、-110S)
  • グリップ(M62R2本) ※Rはラウンドの略でバックラインなしを意味します
  • スリーブ(タイトリストH・d用非純正)
  • スペーサ

グリップは今回細めを選びました。これは完全に好みです。

 

次にホームセンターで下記のものを購入しました。

  • アクリル系接着剤
  • 除光液(マニキュア剥がし)
  • 紙やすり80番

あと100均で下記のものを購入しました。

  • パイプカッター

 

費用は2本分で約12,000円でした。

 

スリーブの取り付け作業

道具と材料が揃った所で、作業開始です。

 

日本シャフトのホームページの Other>トリミングサイズ のページに、

チップ(シャフトの先端側)のカットサイズが掲載されていたので、

その指示にしたがって、カットしました。

 

18度は2U相当と判断し、-100Sは0インチ(カットなし)

23度は4U相当と判断し、-110Sは1インチカットしました。

 

100均で買ったパイプカッターを使って、

img_20161103_130506

-110Sを1インチ(2.54センチ)サクッと切断!

img_20161103_130547

 

スリーブに切断したシャフトの切れっ端を挿してみた写真ですが、これだけの隙間があります。

img_20161103_133303-1

シャフト外径が9.0mm、スリーブの内径が9.5mmなので、0.5mmの隙間です。

 

少しの隙間ならグラスビーズを使うらしいのですが、

ここまでの隙間があっては強度が不十分になりそうなので、

スペーサを使って、これを埋めます。

 

スリーブとソケットをシャフトに仮挿しして、マスキングテープで印をします。

img_20161103_132545img_20161103_132632

 

そして、マスキングテープまでのシャフト、スリーブ内、スペーサにヤスリをかけ、

除光液でよく拭き取り、接着剤をつけます。

img_20161108_234133

 

接着剤をつけるのに素早い処理が必要なので、写真は省略させてもらいました。

スリーブの取り付け完了です。

img_20161103_135016

 

今度はバット(シャフトの終端側)カットです。

今使っているダイナミックゴールドのシャフトに合わせてサイズを決め、カットしました。

img_20161103_132430

 

そして最後にグリップの取り付けです。

これは両面テープを貼った状態の写真です。

img_20161103_154219-1

これに溶剤をかけて、グリップを挿します。

 

完成しました。

img_20161108_234043

 

18度の方は、

ダイナミックゴールドSL → NSProHybird-S100 :5gの軽量化

23度の方は、

ダイナミックゴールドS200 → NSProHybrid-S110 :12gの軽量化

となりました。

 

さてちゃんと使えたのでしょうか・・

練習場で事故があってはいけません。

まずは庭の鳥かごでそれぞれのクラブで100球ほど打ってみました。

 

びくともしません。全く問題ないようです☆

 

それから、2回ほど練習場に行ってそれぞれのクラブで1回100球ほど打ちましたが

それでも全く問題ありませんでした。

 

成功のようです♪

 

クラブの性能としても振り心地がよく、何より疲れません。

軽くなった分ヘッドスピードが上がっているのでしょうか、

飛距離も前より明らかに飛んでいます。

 

 

 

ですが軽くなると今度は軌道が安定しなくなり

左右のばらつきがあります。

軽いからと言って手で振り過ぎないように

重さに慣れて体でスイングするよう練習していかないといけないです。

 

まとめ

スリーブ一つとってもいろんな種類があることが分かったり、

クラブについてとっても勉強になりました。

 

今後のゴルフの幅もすごく広がっていく気がして、

リシャフトが安く上がる以上の価値があると思います。

 

これで今後は気軽にシャフト交換ができます。

 

 

-自分でリシャフト