クラブ調整・選び方

パターグリップの交換は自分でやろう|取り付け向きを工夫してオリジナルのグリップに仕上げる

2017/03/18

グリップ交換を自分でされる方は多いと思いますが

私もその一人で、自分でやるようにしています。

 

交換方法はネット上でいろんな方が紹介されているので、

あえて省略させて頂きますが、

ここではグリップの取り付け方法ではなく、

ちょっと変わったグリップの向き、こんなのもありじゃない?

というのをご紹介します。

 

 [スポンサードリンク]

グリップ交換を普通にすればこんな感じだけど

 

パターグリップには平らな面があり、

その平らな面を上にして両手の親指を乗せて握り

スクエアの感覚を作っていると思います。

 

その平らな面はフェースにスクエアになるように付けるのが

一般的だと思います。

 

ここでハンドファーストに握りたい方は、

ややフェースがかぶるように

グリップをスクエアから時計回りに

ハンドファーストの度合いに合わせて付けると

握りやすくなります。

 

逆にボールを左寄りにおいてハンドレイトに構えたい方は、

グリップをスクエアから反時計回りに

ハンドレイトの度合いに合わせて付けると握りやすくなります。

 

ここまでは誰でもやっている調整だと思いますが、

次にちょっと変わった調整をしてみたのでご紹介します。

 

握り方はみんな違う|グリップも真っすぐに挿すだけが正解じゃない

通常はグリップの上から下まで

平らな面を同じ方向に向けてまっすぐ挿していると思います。

 

ある日パターグリップを変えた時に、

親指を置く平らな面の向きは問題ないいのですが、

左手の薬指と小指のあるグリップエンドが

どうもしっくりこないことが気になって、

グリップエンドだけを時計周りに少しねじってみました。

(私は右利きでクロスハンドにもしていないので

左手がグリップエンドになります。)

img_20161019_221233-1

 

すると左手がグリップにぴったりおさまり、

見事なまでにしっくりきたんです。

 

方向はもちろん、しっくりきているグリップに安心できるので

距離感にも集中できてなんともいい感じです♪

 

パターに形無しですから、

グリップの付け方もいろいろあっていいと思います。

 

真っ直ぐに挿すだけではなく、

グリップの一箇所だけねじってみるのもありだと思いました。

 

自分のしっくりくるグリップの向きを探すと意外な

付け方が見つかるかもしれません。

 

グリップを自分で交換するとこのような細かな調整ができるし、

新たな発見があって面白いので、是非やってみて下さい☆

 

-クラブ調整・選び方