スイングの基本

ゴルフスイングの切り返しのコツ|あなたに合うタイミングの取り方が見つかる

2017/03/18

切り返しのタイミングは非常に重要で、

これがばっちり合ったとき、

ヘッドスピードが最大になり、芯を捕らえたショットがうまれ、

この上ない快感を得ることができます。

そしてその結果、安定性・飛距離を共に向上することができます。

 

タイミングの取り方はいろいろありますので、すべてご紹介したいと思います。

 

 

 [スポンサードリンク]

何をきっかけにして切り返すか

 

何をきっかけにしてダウンスイングを開始するか、以下に4つご紹介します。

 

一番いいのは練習場で全てやってみて、

感覚的に一番タイミングの取りやすいものを選んでください。

 

左手親指でとる

左肩でとる

左足でとる

リズムでとる

 

左手親指で取る

私は今これを採用しています。

スイングのトップの位置で左手親指にクラブが乗った時に切り返します。

 

左手親指にクラブの重みが”グッ”と伝わったときです。

 

決して次のことがない範囲で切り返してください。

 

  • オーバースイングになる
  • 切り返しがしんどい
  • ヘッドの位置が分からなくなるほど力を入れて切り返しをしなくてはならない

これらがない程度に気持ちよく切り返せる範囲で

クラブが左手親指に乗った時が一番いいと思います。

 

正しいグリップ、スイングプレーンでないと親指には乗りません。

トップでクロスになっても、レイドオフ過ぎても乗りません。

練習場で一度、左手親指に乗るようなグリップ、スイングを探してみて下さい。

 

この時右手のグリップも大事です。

右手の握り方によっては親指に乗りません。

 

逆にトップの位置でグリップを作ってみて

どうやったら親指に乗るかを探すのも手です。

 

左肩でとる

左肩があごの下に入ったときに切り返します。

 

どのくらい入ったときかは肩や肩甲骨の柔軟性にもよりますが、

あごに左肩がグーッと当たった時です。

 

左肩があごを押す力加減(圧迫感)でとる感じです。

 

肩の入り具合が弱いとアウトサイドインの軌道で、

スライスが出やすくなってしまいますし、

逆に強すぎるとインサイドアウトの軌道で、

右プッシュやひっかけ、シャンクが出る原因にもなります。

 

ちょうどいいところを探して、身に付けましょう。

 

左足でとる

テイクバックの時に左足かかとを上げ(ヒールアップ)、

クラブがトップまで上がったら

左足を踏み込むタイミングで切り返す方法です。

 

ちょうどボールを投げる感覚に似ているので

比較的タイミングの取りやすい方法です。

 

上げるときは腰の回転についていく感じで

左ひざを内側に入れるように上げましょう。

 

決して左ひざを前に向けたままその場でかかとだけを上げる

感じにはならないように。

それでは腰の回転もできませんし、格好もよくありませんので。

 

リズムでとる

「1・2の3」や「いーち・にっ」など

リズムだけで切り返すタイミングを作る方法です。

 

体の一部を使ったタイミングでは、

ずっとやっているとだんだんくるってくることがあります。

 

体はいろんな部位とつながっているので、

どこかに少しでも疲れや異常があると、

その感覚が崩れてしまいやすいです。

 

ですがリズムは頭に刻まれているものなので、

比較的くるいにくいと言えるでしょう。

 

まとめ

この中から1つ選んだら、身につくまで練習を続けて下さい。

 

決して1回や2回練習しただけですぐに身につくものではないので、

感性に任せて選んだものは間違いないと信じて、

あきらめずに練習を続けてみてください。

 

努力は必ず成就します!

 

-スイングの基本