スキルアップを目指して

もう木の後ろに行っても怖くない|インテンショナルフックをマスターしよう

2017/03/18

私が練習の中で遊びでやっている時に気づいた

オリジナルの打ち方ですが、

とっても簡単なので是非一度試してみて下さい。

 

 [スポンサードリンク]

インテンショナルフックとは・・

「インテンショナル」とは意図的にという意味がありますので、

意図的にフックボールを打つということです。

 

左のラフに入り、ボールとグリーンとの間の木が

スタイミーになっている場面を想像して下さい。

 

木の右に打ち出し、ボールがフックで戻ってきて

グリーン方向に行く。

そんな球が打てるようになります。

 

こんなに簡単!インテンショナルフックはこうやって打つ

やることはいたって簡単です。

 

テイクバックの時に「コックを早めに入れる」ただこれだけです。

 

通常でしたら右の腰の位置あたりまでクラブを上げた所から

コックを入れ始めると思いますが、

その普段の位置よりも少しだけ早めにコックを入れて下さい。

この時、外側に上げる意識を持つと尚フックがかかりやすくなります。

 

この早めにコックを入れる(アーリーコックする)ことだけで

大きく曲がるフックボールになります。

 

注意して頂きたいのは、早めにコックを入れることでいつもより少しだけ

タイミングがずれてしまうと思うので、

打つ前は必ず素振りをいつもより多めに行って下さい。

 

いきなりラウンドでやるのは同伴者に当たってもいけないので、

まずは練習場でしっかり練習してみて下さい。

 

うまくいくようになったら、いつもの番手の飛距離から

何ヤード落ちるかも確認しておいて下さい。

大きく曲がるので、フックボールとはいえ1番手分くらい違ってくるはずです。

 

練習で身につけておけば必ず使えます。

実際私はこれでグリーンオンしたことが何回かありますので

みなさんにもできるはずです。

 

出来たら最高に気持ちいですよ♪

プロみたいなマネが自分にもできるんです。

これがあるからやめられない☆

 

是非お試しください!

 

-スキルアップを目指して